ホームページのデザインはどうやって決めるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
デザイン

こんにちは、インディの浜島です。

ホームページを作る時、見た目のデザインが難しくありませんか。

外部の業者に依頼する時、どのように伝えるのか、出てきたデザインをどう判断するのかに困ったことはないでしょうか。

もちろん自社で制作する場合も難しいです。

私は作る側の人間ですが、いつもすごく困ります。何が良いのかがわからないのです。

わからなくなるのは、デザインだけで判断しようとする時です。

良いデザイン悪いデザインを決めるのは、人それぞれの好みに左右されるからです。

ホームページは環境で変わる

特に、ホームページは環境に左右されてしまいます。

Macで見るのか、Windowsで見るのか、iPhoneで見るのか、アンドロイドで見るのか。

画面を暗くしている人、プライバシーシートを付けている人、めちゃくちゃ画面が汚れている人などなど。

本当に環境でまったく違って見えます。

私はウェブの前は、印刷のカタログやチラシなどを作っていたのですが、その頃は本当に平和な世界でした。

印刷物はどんな環境であっても同じように見えます。極端に言うとプリントアウトしたものであっても、ほとんど同じように見ることができます。

印刷物は印刷してしまうと修正ができないから大変だ、と昔はよく言われていましたが、私にとっては環境によって違って見える方が大変です。

最近はスマホの登場でデザイナーは環境によって見え方を変えなければならなくなりました。

どんどん大変になってきています。

どう判断すればいいのか

このような複雑な環境でデザインを見た目で判断するのは危険です。

1つの環境でデザインにオッケーを出したとしても、別の環境ではひどいことになっていることがあります。

レイアウトが崩れている程度なら良いのですが、文字が読めない、写真の一部しか見えていないことが起こります。

私がおすすめするのは、レイアウトは一般的によく使われているものを利用し、写真やテキストに力を入れるやり方です。

個性を出せばいいのか

会社のホームページを作る時、どうしてもデザインで個性を出したくなります。

事業に個性は必要なので、間違ってはいません。

デザインにこだわっている時、それはほぼパソコンで見ていることが多いように思います。

もしかすると、プリントアウトしたデザイン案を見ているかもしれません。

最近はホームページを見る時は、ほぼスマホになっています。

スマホで見ると、レイアウトに限界があることは誰にでもわかると思います。

デザインやレイアウトに凝ってしまうと逆に見にくくなることがあります。

写真の印象が強い

最近、ホームページを作る時、私は写真と文章に力を入れるようにしています。

おしゃれな印象があるホームページはほぼ写真に魅力があることが多いです。

画面いっぱいに魅力的な写真が見えている。

デザインやレイアウトではなく写真の印象のことが多いです。

できれば、写真に予算を使うことをオススメします。

文章、コピーライト

次に文章やコピーライトをがんばりましょう。

ホームページを見る時は、検索したり、ソーシャルメディアで共有されているものをクリックして見ることが多いと思います。

そのようにホームページを見ると、最初は何のホームページなのかわからないことがあります。

ユーザー目線で文章やコピーライトを作り、何のホームページで、どんなアクションをとってほしいのかを明確にしましょう。

理屈で選ぶ

最後に、感性で選んだり、作ったりしないようにしましょう。

デザインと聞くと、感性の領域だと思ってしまいます。

それでは、良いホームページになりませんし、ユーザーにとってわかりやすいものになりません。

例えば、自社のサービスの特徴が「お客様の売上が上がる」だったら、右上に鳥がまっすぐに向かって飛んでいる写真を使ったり、右肩上がりの矢印が書かれたものを選ぶような感じです。

写真を選ぶ時に理由をはっきりさせて選ぶと、後日、写真が気に入らないから変えたいとはならないのです。

変えるとしても、同じ理由で選ぶことができるのでスムーズです。

参考サイト

最後にレイアウトの参考になるページを紹介しておきます。

↓よく使われているレイアウトが紹介されています

WEBデザインはこれで完璧!参考になるレイアウトまとめ

↓デザインが良いホームページを集めたサイトを紹介しています

現役Web制作スタッフが選ぶデザインの参考になるギャラリーサイトまとめ33選

↓最近新しいデザインが出てきていますね。モデルのローラさんのホームページのデザイン、レイアウトのものをよく見かけるようになりました。

ローラオフィシャルウェブサイト: ROLA OFFICIAL WEB

このデザインはスマホで見やすいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

事業内容

インディの事業内容は、4つに分けています。

1.ウェブサイト制作(ホームページ制作)
2.ウェブサイト運営(ホームページ運営)
3.ウェブマーケティング
4.事業開発

下のボタンで詳細ページに移動します。


事業内容はこちら

SNSでもご購読できます。