事業もブログも長く続けるには最初が肝心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
未来、ヴィジョン

インディブログは4月中旬くらいからまじめに書き出しました。

1日に5個以上の記事を書こうという感じでイキこんで取り組み始めましたが、まったく書けませんでした。

1日に1記事がギリギリでした。1つの記事に何時間も書けて書いていました。

最初の考えが甘かったです。

今も苦労はしていますが、1つの記事を1〜2時間くらいで書けるようになってきました。

このまま訓練していけば、もっと短時間で質のよい記事が書けるはずです。

ヴィジョンや方向性がないとブログは書けない

とは言うものの、今もブログを書くことは本当に苦労しています。書き終わる時にはマラソンでもしたのかというほど息が切れています。

何について書くか、文章構成はどうすればわかりやすいか、まとめはどうするのか。毎回、唸りながら書いています。

そして、書いた次の日に読んだら自分でも理解できない文章なので毎日リライトをしているくらいです。

気分転換に個人ブログを使ってみた

そんな状況だったので、気軽に何も考えずに文章を書きたくなって個人ブログを使ってみました。

個人ブログはドメインを取って、WordPressを使って3年くらい前に作っていました。

しかし、特にテーマもなく作ってしまっていたので、うまく運用できていませんでした。「ブログを使って良い機会を作り出してチャンスをつかんだ」系の記事を読んで2〜3日間だけ一生懸命書く程度でした。

もちろんアクセスはほとんどありません。何を書いても誰にも迷惑をかけないので、インディブログの下書きのつもりで書き出しました。

意識が全然違った

個人ブログに書いた内容はインディブログの下書きだったのでほとんど同じ内容でした。インディブログの語尾が「ですます」調くらいです。

まったく違った雰囲気の記事ができました。個人ブログは気軽に書いた分、内容がライトで読みやすい感じがしました。けど、テーマが曖昧で何が言いたいのかがわかりづらかったです。何か使命がない感じです。

メディアのでき方が違う

この結果は当然と言えば当然です。私はメディアの違いに鈍感だったのです。

同じ人間が書いていたら、当然同じ内容でクオリティのものが出来上がるのだと勘違いしていました。

振り返ってみると、インディブログを書く時は読んでくれた方にメリットがあるようなことを伝えたいと思いながら書いていたと思います。

私が実践の中で実際に経験したことや感じたことを書きたい、と思っていました。

対して、個人ブログは何も考えずに書いていました。

私は書くメディアが違うだけで成果物がこれだけ変わるんだ!と驚きました。

最初が肝心

この経験からウェブサイト(ホームページ)を制作する時、「最初が肝心だ」と再認識しました。

ウェブサイトを作り始める前のヴィジョンやテーマ、設計にしっかり取り組んでないと、その後のクオリティが変わってくるんだとわかりました。

今まではウェブサイトというのは、いつでも変更できるからとりあえず作ってみる方が良いと思っていました。とりあえず作ってみるのは良いことではあるんですが、ただ単にウェブサイトができあがるだけと、ヴィジョンに沿ったものになっているかどうかを検証できるのではあまりに違います。

NPOなどの団体も同じ

同じような経験をしていました。

私は2011年から始めた活動を2012年にNPO法人にしたことがあります。そのころは震災後ということもありたくさんのNPOができていました。

同じ時期にできたNPOとは同期という感覚だったのでお互いに気にしていました。その中のいくつかの団体はすぐに解散してしまうところがありました。

長く続くところと続かないところは何が違うのだろう、と考えることがよくありました。

続かなかった団体がメンバーの仲が悪かったなどの理由ではありません。

課題を解決したからもう何もすることがなくなったという感じでもなく、やるべきことがなくなってしまったという感じでした。

その違いは、おそらく団体を作った時のヴィジョンだと思います。ヴィジョンがしっかりしているところは残っているし、今もどんどん社会的インパクトが大きくなっている。

ヴィジョンを作るツールはある

ウェブサイトであっても、NPOなどの団体であっても、最初のヴィジョン次第でその後の運命が決まってしまうのでしっかり取り組んだ方がいいでしょう。

ヴィジョンはあいまいなものでもあるので作るのが難しい。ヴィジョンを作る教育も受けていないです。

しかし、ツールはあると思っています。

例えば、ビジネスモデル・キャンバスなどです。ビジネスモデル・キャンバスをすべて埋めるためにはヴィジョンのような方向性が必要です。

また、ウェブサイトのSEO対策でキーワードをつくる作業も似ている部分があると思っています。キワードを決める際に仮説を立てて多数のキーワードを出しますが、ヴィジョンがないとそれもできない。それは私自身が最近経験しました。

ヴィジョンをつくるツールは意外と多くあるように思います。あるものすべて試してみるといいかもしれないですね。

インディでもいろいろ試して、まとめていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。