起業するときホームページは必要か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
起業

こんにちは、インディの浜島です。今、インディと他の2社と新しい取り組みを企画しています。6月にはリリースし、プロジェクト開始する予定です。

そのプロジェクトは「起業」をテーマにしています。

「起業」と言っても、アメリカのシリコンバレーのいわゆる「スタートアップ」ではありません。

アメリカのスタートアップは、既存の世界のルールをガラッと変えるようなものが多いと思います。

しかし、私たちが取り組もうとしているのはもっと小さな「起業」です。もしかすると「起業」とも言えない、もっと小さな事業の種かもしれません。

「起業」と言うと、世の中に対してインパクトを与えることになると思いますが、今回のプロジェクトは起業のエッセンスを感じることで、自分の仕事の考え方や取り組み方を考え直す機会してもらうこともテーマになってます。

もちろん、ど真ん中の起業も扱います。

ホームページがあると行動できる

起業を考えているけど、考えていることがうまく整理ができずに文章や図にできないことはよくあります。

そんな時にオススメなのは、ホームページを作ってみることです。顔となるトップページだけでも良いと思います。

自分の会社のホームページをイメージしてみてください。

ヘッダー部分にはロゴが入り、次はイメージ写真、そしてヴィジョン、ミッション、サービス、地図などが入ります。

トップページだったらすぐに作れそう、と思う方もいると思います。

ノートに手書きでも良いので自分の考えていることホームページを書いてみてください。

実は意外と難しいのです。

ホームページの特徴「発信」

出来上がってしまうと自分のイメージしている会社像ははっきりと目に見える形で表現されます。

そして、ホームページがあることで次のアクションを取ることができます。

次のアクションとは、「発信」です。

私は個人的な考えですが、ホームページの一番の特徴は自分で発信できることだと思っています。

ホームページを作りフェイスブック経由などで知り合いに見てもらえる。

興味を持ってくれる人はいると思います。

興味を持ってくれた人の中には、将来仲間になる人や、出資をしてくれる人がいるかもしれません。

発信しなければ、誰も知ることができません。

起業した時はみんな無条件に興味を持ってくれるのでどんどん発信するべきです。

発信は重要

他者の反応で自分の事業を知る

発信を続けていると、自分の意図したことと違う認識を持つ人がいます。

発信内容を誤解して受け取ってしまう人がいるのです。おそらく表現の仕方や言い回しがわかりにくくなっているのです。

認識違いを起こしたり、誤解してしまう人の意見を聞いてホームページの表現を修正していくのです。

ホームページの良いところ(悪いところ?)は、修正ができるところです。

何度も何度も発信をして試行錯誤して、しっかり伝わる発信内容にしていきます。

また、試行錯誤をして完成されたものがあれば、ホームページ制作業者にお願いする時もスムーズになります。

いきなり、業者にお願いしてしまうと試行錯誤ができないので業者とのやり取りが増えてしまいます。

そうなると、業者との関係が悪くなってしまったり、費用が増えてしまうことがあります。

ホームページは思っているよりも簡単につくれる

ホームページを作ると言っても、「高いんじゃないか」とか「作ってくれるような友だちや業者を知らない」と心配になる人もいるでしょう。

もちろんいきなり数十ページ規模のホームページやシステム開発が必要なものを作ろうとしてしまうと、かなり高額になります。

しかし、最初のホームページは簡単なもので良いと思います。

トップページだけでも問題ありません。トップページ以外に必要なページは「お問い合わせ」くらいだと思います。

そう考えると、最近は無料で作れるサービスはたくさんあります。

こちらのページ「7つの無料ホームページ制作サービスと利用活用方法」に無料で作れるサービスを7つ紹介しています。

最近の無料ホームページ制作サービスはかなり高度なページを作れます。いろいろ出来すぎることが問題じゃないかと思ってしまうくらいです。

ホームページ制作サービスを選ぶ時に気をつける点

無料サービスを選ぶ時に気をつける点は1つです。

それは閲覧データが取れるサービスであることです。

自分のホームページを見た人がどれくらいいて、どんな層の人が見たのかを知ることができなければ、データという財産がたまりません。

これでは、ホームページを作ったことの恩恵が半分以下になってしまいます。

先に書いたとおり、ホームページは発信ができることが重要な部分ですが、ホームページの閲覧データもそれ以上に重要かもしれません。

今回私たちが始める「起業」に関するプロジェクトはホームページ制作のことも扱う予定です。

この記事にも書いたとおり、ホームページを利用することのメリットを感じてもらい、使いこなせるようなことができればと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

会社概要

インディは、ウェブサイト(ホームページ)制作・運営している会社です。

ウェブサイトの取得したデータと営業、販売、集客などのリアルな活動を連動させるなど、リアルとウェブを行ったり来たりして事業を活性化していきます。

東東京(台東区、墨田区、江東区)を中心に、「ウェブサイトに問題が出た」「イベントに集客したい」「新規事業を起ち上げたい」などの要望にすぐに対応できるようにしています。


会社概要はこちら

SNSでもご購読できます。