ご近所情報(モノマチ@2k540)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
nnumber

こんにちは、インディの浜島です。今日はまたまた御徒町の「2k540」に行ってきました。

現在、「2k540」のある台東区では「」というイベントが開催されています。

期間は、5月26日(金)〜28日(日)の3日間です。

モノマチナインとはなんでしょうか。

モノマチナインとは

「台東モノマチ協会」という組織が運営しているようです。

以下、ホームページからの引用です。

台東モノマチ協会(正式名称:台東モノづくりのマチづくり協会)とは、地域イベント「モノマチ」を主催し、年間を通じて継続して活動する「モノづくりで町おこし」を目的とする組織。

■活動目的

本協会は、カチクラエリア(※別途定める御徒町~蔵前~浅草橋にかけての2km四方の地域)に関わる企業および個人が有機的なネットワークを形成して互いに相乗効果を生み出す関係を築き、『モノづくりのマチ』としての地域性、伝統を生かして当エリアの活性化、情報発信力の向上を図ることを目的とする。

1.会員相互の交流
2.カチクラエリアの生活者、地場産業との交流・共生
3.カチクラエリアのモノづくり力の活性化
4.子供たち(次世代)にモノづくりを伝えること
5.カチクラエリアのブランド価値の向上
6.関連団体、他地域等との交流

カチクラ(御徒町、蔵前、浅草橋)地域をつなげて『モノづくりのマチ』として情報発信していく組織、活動のようです。

モノマチナインの「ナイン」は9回目ということでしょうか。

モノマチナイン

クリックするとモノマチナインのホームページに移動します

御徒町、蔵前、浅草橋は私がよく行く地域なので親近感がわきます。

この地域は下町ですし、私が若い時によくいた大阪のミナミ地区の外れと雰囲気が似ているように思っています。過ごしやすくて好きです。

蔵前地域

ちなみに、最近では、蔵前地域がすごく盛り上がっていますね。

私が良く行くところでは、「Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE」や「結わえる」は地元だけではなく遠くからわざわざ来る人が多いです。

その他にも、蔵前には面白いテーマのお店がどんどん出来てます。

nui

クリックするとnui.のホームページに移動します

結わえる

クリックするとモ結わえるのホームページに移動します

n.number

モノマチはカチクラ地域のいろんな場所で行われているのですが、「2k540」も開場になっていました。

ホームページを見ると、3箇所あるインフォメーションセンターの一つになっていたようです。

「2k540」では、知り合いの三上さんが出店されていたので会いに行きました。

三上さんは「n.number」というバッグのブランドを起ち上げられています。

nnumber

ふらっと立ち寄った人がその場で「買おう!」はならない価格ではないのですが、モノマチだけのミニポシェットを3,000円の格安で販売されていたのでそちらが売れているようでした。

興味を持ってもらうためには、その場その場で新しい企画を考えることは本当に重要ですね。

まずは、キーホルダーやミニポシェットに興味を持ってブランドの良さを知り、時間差でメインの商品にたどりつきます。勉強になりました。

nnumber

n.numberのホームページ↓

nnumber

画像をクリックするとn.numberのホームページに移動します

「ものづくり」が弱くなってるのかな

モノマチは過去に何度か参加しているのですが、今回は「ものづくり」というテーマが弱まっているように感じました。

私は墨田区の自宅から歩いて行ったのですが、途中でモノマチに参加している飲食店をまわっている人をたくさんみました。

「次はどこ行く?」とか「お店あったよ」という声があちこちから聞こえてきました。

その人たちは、みんな飲食店まわりをしているようでした。

飲食店まわりをしている人たちの熱気はすごかったのですが、ものづくりのブランドが集まった2k540は盛り上がりにかけるように思いました。

最近は、ものづくり系のイベントが各地で増えてきたから、独自色を出すためには飲食店も必要なのかもしれません。

明日も時間があれば、モノマチナインを体験したいと思います。

インスタ施策

ちなみに、モノマチナインのホームページでインスタグラムの取り組みがありました。

インスタ投稿時に「#モノマチ」と入れると選んで掲載するようになっていました。

すごく単純な企画だと思うのですが、ものづくりがテーマのイベントだとすごく効果的だなと思いました。

参加者の人たちは企画がなくても写真は撮ると思うのですが、良い商品があったら共有したいと思っているはずです。

その感情の受け皿として機能しているし、他の人の投稿を見て知らなかった作品を知ることができる。

私も投稿して載っていたので↓嬉しかったです(笑)。

monomachi-instagram

画像をクリックすると「n.number」のインスタグラムに移動します

n.numberのインスタグラムはこちら

nnumber

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。