リンク切れをチェックする、ワードプレスプラグイン「Broken Link Checker」

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

インディのブログの内部リンクに集中して、200以上ある記事が孤立しないように内部リンクで繋いでます。

なかなか大変な作業ですが、地道に繋いでいきたいと思います。

内部リンクの作業をしていて気になったのが、リンク切れについてです。

リンク切れが多い?

内部リンク作業の時に昔の記事を見るのですが、多くの記事でリンク切れが起こっていました。

特に、外部リンクはリンク先の記事がなくなっていることが多くなっていました。

リンク切れはSEO対策的にも問題があるようです。

【2018年】検索アルゴリズムリスト200:Google検索順位要因には下記のようにあります。

61. リンク切れ: Google検索品質評価ガイドラインによると、リンク切れは、ページの質に関係する要因の一つです。

このブログは記事を増やすことだけをしていただけなので、リンク切れは多くありそうです。

このままでは、内部リンクをがんばっていても、リンク切れが多ければSEO対策に問題がある状態のままになってしまいます。

外部リンクのチェックは難しい

また、外部リンクが切れているのは自分自身ではどうすることもできません。

内部リンクはURLを変えた時にわかりますが、外部リンクは自分自身では管理できません。

外部リンクのチェックは自分でやろうとしないほうが良さそうです。

もちろん、内部リンクも記事が増えれば増えるほど困難になってしまいます。

ワードプレスのプラグイン「Broken Link Checker」

そこで、ワードプレスのプラグインを探してみました。

私がよく参考にするTCDに「Broken Link Checker」というプラグインが紹介されていました。

|参考記事|リンク切れを自動でチェックし、修正してくれるプラグイン「Broken Link Checker」 | ワードプレステーマTCD

少し古いプラグインで心配もありましたが、リンク切れを探し出したところ、70ヶ所以上のリンク切れがありました。

この70ヶ所以上のリンク切れは、何年もそのままでしたのでSEO的に問題があったでしょう。

さっそくリンク切れをなくし、2時間ほどで解消できました。

今後も定期的にリンク切れをチェックしていきたいと思います。

|参考記事|リンク切れの対応方法とSEOにおける影響について | SEOラボ

|関連記事|WordPressで作られたサイトの不具合対応

|関連記事|ブログの記事がコピーされたら連絡がくるWordPressプラグイン

関連記事一覧

  1. 無料ブログ選び
  2. ノートパソコンと本とコーヒーとクッキー
  3. 猫パソコン

最近の記事

  1. アクセス数レポート
PAGE TOP