ホームページの数字を活用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
事実を基にしたマネジメント

こんにちは、インディの浜島です。ホームページを作ったり運営していると、なぜホームページが必要なのか、という疑問が出てきます。

私はホームページやウェブの可能性を信じているのでそのような疑問は出てきませんが、質問は受けます。特に、過去にホームページを真面目に作ったことがある会社は疑問を持つことが多いように感じます。

その過去に作ったホームページの効果がなかったのだと思います。一生懸命立派なホームページを作ったのに何も効果がなかった、です。

たしかに効果はなかった

私は15年以上前にホームページ制作を始めましたが、そのころのホームページは会社のパンフレットや商品カタログ的なものが多かったです。

私は印刷会社におり、ホームページ制作の前は商品カタログを作っていました。最近はあまり見ないのですが分厚いギフトカタログです。そこは商品カタログが主力商品だったので、ホームページも自然とカタログ風になっていきました。

当時は会社のパンフレットや商品カタログのデータを使ってホームページを作ることが多かったので、自然とカタログ風になったのかもしれません。

効果を測定できるようになった

その後、様々なサービスが出てきてホームページの使われ方が変わったと思います。特に、Google Analyticsとグロースハックが出てきた時が印象的です。

Google Analyticsが出てきた時は私はすごく不思議に思いました。Google Analyticsで取得できるような大量の数字があることにびっくしりました。そして、その数字の活用はまったくわかりませんでした。

私はマーケティングの知識はまったくなく、元々DTPオペレーターだったので数字を見ても「それがどうした」という感じでした(笑)。マーケッターはそのころから利用していたはずです。

また、最近のことですが、グロースハックが出てきた時は目からウロコでした。

ユーザーの反応を見ながらホームページやアプリのデザイン(UI、UX)をその都度変えて効果を出していく。ホームページは見てもらうだけではなく能動的にユーザーをつかんでいくような変化を感じました。数字の分析のこまかさとそのスピード感にも驚きました。

どう使うか

今はGoogle Analyticsやグロースハックの重要性はわかります。いえ、まだわかっていません(汗)。

すぐに分かるほど簡単な世界ではないですね。

実際、Google Analyticsをどう利用するのか、グロースハックでどうしていくのか、などどんな手段があるのかはわかっていないです。

現状の私のにわか知識だとGoogle Analyticsを使って、どれくらいの人が見たのか、ページビュー、直帰率がわかるだけではなく、性別年齢、どの場所(県や区など)から見ているかなどがわかる。

これで、自社のホームページはどんな人でどこで見ているかがわかります。どんなキーワードで検索してホームページにたどり着いたのかもわかります。

それらを分析してデザインや導線を変えることができます。それらは、リアルな営業マンにも参考になるはずです。

営業はひとりひとりの経験値で活動していることが多いと思いますが、ホームページの分析をフィードバックすれば数字で仮説を立てることができるので営業マンの動きも変わります。

そのためには、ホームページは会社案内パンフレットや商品やサービスを並べるだけのカタログではいけません。営業マンのセールストークや提案資料のようなものにしていくべきです。

今後、Google Analyticsやグロースハックをこのブログで共有していくつもりです。

会社概要

インディ株式会社の会社概要は下記のボタンをクリックしてください。

 


会社概要はこちら

SNSでもご購読できます。