無料サービスを活用しよう

産総研イベントのWebページ制作しました

aistnedo

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

今回は、新たにWebページを作成しましたのでお知らせです。

2017年11月21日に開催される「平成29年度 産総研発ベンチャーTODAY -AIST・NEDO発の技術をビジネスへ-」のWebページです。 続きを読む

smallchatを使って、チャットを導入しました!

チャットを導入しました!

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

このインディのウェブサイトにチャットを導入しました!

今まではちょっとした質問であっても、お問い合わせフォームを使わないといけなかったのですが、今後は気軽にチャットで質問ができるようになりました。

画面の右下に「お気軽に!」というタブがあるのですが、それです。 続きを読む

ネットのコンテンツは出会い頭である

ネットのコンテンツは出会い頭である

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

フェイスブック(Facebook)やインスタグラム(Instagram)の書き込みを見て、モヤモヤした経験はありますか?

私はあります。

最近はあまり感じなくなりましたが、少し前まではモヤモヤすることが多かったです。

しかし、私が感じているモヤモヤは、一般的にはそれほど強いものではないようです。

イライラしたり、怒ってしまったり、仕事が手につかなくなったりする人が意外に多いようです。

なぜ、こんな気持になるのでしょう? 続きを読む

ストレス削減のためbufferでFacebookとTwitterに予約投稿する

buffer画面

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

普段、フェイスブックになんとなく書き込んでいる時、特にストレスを感じていないと思います。

たとえ、それが毎日何回であっても平気だと思います。

しかし、それが仕事となると突然ストレスフルになります。

ツイッターやフェイスブックは、仕事で使おうとなった途端に、管理が大変に感じ、面倒くさく感じてしまいます。

できる限り、ストレスをなくすために手間をかけないツールを使うことをオススメします。 続きを読む

自分のアクセスをカウントしない方法

ツール

こんにちは、インディの浜島です。

ホームページの更新を頻繁にしたり、ブログを毎日書いていたりすると、自分のアクセスがデータとして残ってしまうのに困りませんか。

私の場合だと、ホームページの更新を1日中していたらページビューは300を越えてしまいます。

更新をしない日のページビューは多くて50、少なくて20ほどです。それがいきなり300を越えてしまうと、分析ができないデータになってしまいます。

そうならないための方法やツールがあるのでご紹介します。 続きを読む

Font Awesomeを導入してリンクをわかりやすくする

プログラムコード

こんにちは、インディの浜島です。

今さらですが、このインディ株式会社のウェブサイトに「Font Awesome」を導入しました。

Font Awesomeとは、どういうものでしょうか。

ページの中にアイコンを簡単に入れることができるサービスです。サービスと書きましたが、無料です。 続きを読む

アナリティクスの「集客」で人との距離を知る

人の距離

こんにちは、インディの浜島です。アクセスがまったく伸びないので挫けそうな今日このごろです。

検索エンジンに認識されるまで時間がかかりブログの結果が出るのは3ヶ月後と入れているので、それを信じてがんばっています。

今回はGoogle Analytics(以下、アナリティクス)の「集客」項目についてです。 続きを読む

Google Search Consoleで検索について理解しよう

検索サーチコンソール

こんにちは、浜島です。今日もインディサイトのアクセスアップに取り組んでます。

なぜ、アクセスアップに取り組んでいるのか。

アクセスアップについてまとめた説明ページを作成しようと思っています。インディのホームページを見ていただいている方が自社のホームページの参考にできるようにしたいと思っています。

アクセスアップは奥が深くて、とにかくやるべきことと情報が多いです。調べれるごとに新しいことを発見する毎日です。

今回は検索エンジン対策のことです。

ホームページへのたどり着くまでには様々なステップがあります。 続きを読む

インスタグラムのミュージシャンアカウントの見どころ

練習プロセス

こんにちは、インディの浜島です。最近、インディのウェブサイトのアクセスアップに取り組んでいるのですが、やればやるほど深い世界であることに、若干疲れ気味であります。。

けど、自分が取り組んでいることが深い世界であるのは良いことですよね。

ウェブサイト(ホームページ)は、パンフレットやチラシの延長のようなイメージがまだ残っていますが、リアルな店舗運営や企業経営のほうに近い印象です。

私は10年ほど前に、アミューズメント店舗(ゲームセンターテイスト)の店員&運営をしていたことがあるのですが、アクセスアップをしているとよく店舗運営時代を思い出します。

仮説、実践、検証を1日単位で検証するところがすごく似ている気がします。 続きを読む