シェアリング・エコノミーってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
海空自然

こんばんは、インディの浜島です。

先日、シェアリングエコノミーサービスを紹介する記事へのアクセスが多かったのですが、シェアリングエコノミーとは何かがよくわかっていないので改めて調べてみました。

シェアリング・エコノミーとは

モノやサービスを複数の人で深いまわすことなんだろうとは思っていましたが、もうちょっと奥が深いようです。

総務省では

検索してみると、総務省のページが出てきました。「ICTが拓く未来社会」のコーナーで触れています。
シェアリング・エコノミー―ソーシャルメディアを活用した新たな経済

「シェアリング・エコノミー」とは、典型的には個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービスであり、貸主は遊休資産の活用による収入、借主は所有することなく利用ができるというメリットがある。貸し借りが成立するためには信頼関係の担保が必要であるが、そのためにソーシャルメディアの特性である情報交換に基づく緩やかなコミュニティの機能を活用することができる。シェアリング・エコノミーはシリコンバレーを起点にグローバルに成長してきた。PwCによると、2013年に約150億ドルの市場規模が2025年には約3,350億ドル規模に成長する見込みである

「遊休資産の貸出を仲介するサービス」というのはわかりやすいですね。今はいろんなサービスがシェアリング・エコノミーと言われていますが、遊休資産を貸し出すというところ考えると頭を整理しやすいですね。

「シェアリングビジネス」は実際どれくらい儲かるのか』という記事には下記のように書いてあります。

「シェアリングエコノミー協会では、サービスの供給者と利用者がn対n(個人間取引)のサービスを狭義のシェアリングエコノミーと定義しています。Airbnbや会議室など空間を貸すスペースマーケットなどは、部屋や場所を借りたい人も貸したい人もn対nです。ヤフオク!やメルカリなどのオークションサイトもn対nではありますが、モノの所有権が移転するので『シェア』という意味合いは薄くなります。一方でプラットフォームとなる企業などが多数のユーザーに場所やモノを貸し出すコワーキングスペースのような1対nというビジネスモデルもあり、これもシェアリングエコノミーに準じます」

総務省の説明にあるシェアリング・エコノミーが基本であれば、この説明は発展系のように感じます。最近語られているようなビジネスはこちらの説明の方がしっくりきますね。

例えば、どんなサービスをあるのか

代表的なものは、Airbnb、Uberとかが有名ですね。

起業の参考に。最近話題のシェアビジネスモデル10選

この記事に紹介されているシェアリング・エコノミーのビジネスモデルは規模が小さかったり、ご近所でできるようなもので良いですよね。起業の最初とか副業とかで良いのかもしれないですね。しっかりしたビジネスモデルができれば拡大し、大きなビジネスになりますし。

“シェアガール”が厳選、女性にお勧めのシェアリングエコノミーサービス10選

この記事にはシェアリング・エコノミーの中でも女性が利用するようなサービスを紹介しています。化粧品とか洋服とか高価だし、普段は着ないし、、、など昔からある課題を解決したもので良いですね。

シェアリング・エコノミーは、新規事業として始めるビジネスモデルとして面白いですし、事業開発のヒントになったりするので、今後も引き続き研究していきたいと思ってます。

会社概要

インディ株式会社の会社概要は下記のボタンをクリックしてください。

 


会社概要はこちら

SNSでもご購読できます。