検索されてるがクリックされない

検索

こんばんは、インディ株式会社の浜島です。

今回は、Googleが提供しているSearch Consoleを簡単に紹介したいと思います。

アナリティクス(Google Analytics)は毎日見ているほどでないとしても、定期的に使っている人は多いと思います。

自社のWebサイトにどれだけの人が訪問したのかがわかるので必要なツールです。

Google Analyticsは有名ですが、Google Search Consoleはあまり馴染みがないのかもしれないです。

search-console

どれだけ検索されたのか

アナリティクスはどのくらいの人がサイトにきて、何ページ見て、どのくらい滞在したのかなど直感的にわかりやすいですが、Google Search Consoleでわかることはどれだけ検索されたのか、ということです。

簡単にいうと、検索した時グーグルの検索結果ページに表示されて、それがどのくらいクリックされたかを見ます。

検索結果ページでどのくらい自社のWebサイトが活躍できたのかがわかります。

Google Search Consoleでは残酷なこともわかってしまいます。

自社のWebサイトはグーグルで検索された後、思っているよりもクリックされてないということです。

検索されて検索画面に出ている回数は「思っているよりも多いな」と感じると思います。

検索結果ページでクリックしてもらうためには、タイトルやスニペットを工夫する必要がありますね。

|関連記事|Google Search Consoleの表示回数だけを気にしてみる

参考サイト

Google Search Consoleの説明がされているWebサイトを紹介します。

|参考記事|サーチコンソールの登録方法と初心者でも分かる使い方

|参考記事|サーチコンソール(Google Search Console)の使い方とSEO

関連記事一覧

  1. ec買い物shopping
  2. ピックアップ
  3. データ経営
  4. 紙とペン
  5. 好き
  6. パソコンブログ

最近の記事

  1. アクセス数レポート
PAGE TOP