ページビュー=(セッション)×(ページ/セッション)

ページビュー

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

2015年3月14日(土)のアクセス数がゼロでした!ゼロって!なんとも寂しい限りです。けど、長編小説を書くつもりでアクセスアップに取り組んでいきたいと思います。

ちなみに、改めてこのブログの趣旨を説明しますと、決してアクセス数の低さを自慢するブログではなく、アクセス数を100万PVにするためにどうやっていこうかと試行錯誤するためのにやってます。

コツコツとやっていこうと思ってます。今日の時点での月間PVは500PVです、まだまだです(泣)。

客数×客単価=売上

アクセス数アップ、アクセス数アップと連呼してますが、何を使って測定しているかと言うと、世の中になるいろんなサイトと同じようにGoogle Analyticsを使ってます。

どの数字をメインに見ているかというと、これまで何度も書いています通りページビュー(PV)です。その次が「セッション」で、次が「ページ/セッション(閲覧数)」という感じです。もちろん「平均セッション時間」や「直帰率」なども見てますが、このサイトのアクセス数ではそれほど意味はないかなぁと思ってます。

「ページビュー」=「セッション」×「ページ/セッション」で頭に入れてます。

店舗運営などでよく言われる「客数×客単価=売上」のような感じです。

店舗運営は売上を分解して考える

売上を上げるためには、客数と客単価を意識することが必要です。

例えば、客数が多くなるだけでは店舗が忙しくなってしまい、顧客満足度が下がる。よってリピーターが増えない。

客単価を多くすることだけを考えてしまうと、客数が増えないだけではなく接客時に押し売りのような状態をつくり出してしまう。

常に、客数と客単価を意識しておかなければいけません。

ページビューを分解して考える

ページビューも同じだと思っています。

どのくらい訪問してくれて、1度で何ページ見てくれるのか。

「ページビュー」を「セッション」と「ページ/セッション」に分解して施策を考えます。

例えば、訪問してもらうためには、SEO対策や広告をがんばる。

たくさんの記事を読んでもらうためには、面白いブログの記事を書いて、読み込みスピードを上げたり文章量を調整したりする。

ホームページも店舗運営と同じように考えるとわかりやすくなると思います。

特に、店舗運営を経験したことがある人にはオススメの考え方です!

|関連記事|ホームページのアクセス数(PV)はどのくらいあったらいい?

関連記事一覧

  1. アクセス数レポート
  2. 読まれていない記事を削除した
  3. SEO対策

最近の記事

  1. アクセス数レポート
PAGE TOP