マーケティングに対しての勘違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
マーケティング

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

マーケティングについての第2弾です。

私はマーケティングがよくわかっていません。

ここで私が考えているマーケティングとは、「世の中の動きを知る」程度のことです。

今まで世の中の動きを知らず、マーケティングは少しも考えることなく、自分の感覚だけでやってきました。

おそらくそれではダメなんだと実感ができてきています。

しかし、マーケティングが重要だということが最近わかってきました。

だから、勉強してマーケティングスキルを身に着けたいと思っています。

マーケティングとは

私がマーケティングに対してもっていたイメージは、ユーザーニーズを調べて、ニーズに向けて商品を作り売るという感じでした。

これだけ聞くと問題ないように感じますが、ニーズに対して「大量」に売ることがマーケティングだと思っていました。

ウィキペディアで「マーケティング」を調べてみました。

マーケティングの定義や理論は、時代と共に様々に変遷してきており、硬直化することがなく進化しているといえる。 元々は米国で産まれた概念で、モノ(製品・商品)を中心にした「マス・マーケティング」(マーケティング1.0)から始まった。 以後、「生活者(顧客)志向のマーケティング」(マーケティング2.0)に進化したとコトラーは定義している。 現在はグローバル化とIT化が加速し、「価値主導のマーケティング」(マーケティング3.0)の領域に高度化しており、単なる収益向上のための手段ではなく、企業や組織が世界を良くするための事業・活動を展開するための戦略に昇華している。
ウィキペディア「マーケティング」

この部分で私の勘違いの原因がわかりました。

私のマーケティング観は単純に古かったのです。

私は「マーケティング1.0」をマーケティングと思っていたようです。

「売れる仕組み」でもない

私が、最近マーケティングを意識し出して、「マーケティング1.0」的なマーケティングを否定して思い至った考え方が「売れる仕組み」でした。

「マーケティングは広告・宣伝でマスに売り込む」ではなく、「宣伝・広告だけではなく、売れる仕組み全体を作ること」が重要なんだと思っていました。

しかし、ウィキペディアを見ると、「売れる仕組み」とも違うようです。私の安易な用語の使い方はお見通しという感じです、、、恥ずかしい。。。

やっぱりマーケティングは勉強しないと

今はマーケティング4.0まで来ているようです。

下記の2つの記事を読むと、マーケティング4.0は自己実現らしい。。。

難しそうです。

マーケティングは真面目に取り組まないと概念も理解できないかもしれません。

やっぱりマーケティングは勉強しないといけませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。