ミュージシャンのホームページに学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
あふりらんぽ

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

ツイッター、フェイスブック(Facebook)が世に出てきてから数年間経過したので、使いこなせるようになってきたのではないでしょうか。

最近では、インスタの人気がすごくて、インスタで人気が出て芸能人やモデルになってしまうような人も出てきています。

またSNSは、企業の販促、プロモーション、ブランディングなどに欠かせないものになっています。

ツイッター、インスタ、ホームページを使いこなす時間がない

新しいサービスは今後もどんどん出てくるでしょう。

自社の宣伝ツールが増えることは良いことだと思います。

しかし、このまま増え続けてしまうと、更新作業だけで多くの時間を費やしてしまいます。すでに、いっぱいいっぱいになっている人も多いと思います。

そうなると、アクセス数が見込みにくく、更新に手間がかかるホームページは必要ないんじゃないかと思ってしまいます。

ツイッター、フェイスブック、インスタはスマートフォンから更新しやすいが、ホームページは更新に業者に依頼しないといけないなど手間だけではなくお金もかかってしまうことがあります。

ホームページは必要ないのか?

こうなると、ホームページは必要ないと思ってしまいます。

実際、ホームページはなくしてしまったという人もいます。

しかし、今後も新しいサービスが出てくることを考えるとホームページはあった方が良いと思います。

例えば、今はツイッター、フェイスブック、インスタで情報発信をしているとします。

そこに新しいサービスが2つ出てきて、ツイッターとフェイスブックに人が少なくなって使われなくなったとします。

新しいサービスを始めたことを告知することができないですし、新しいサービスを始めたばかりの時期は情報が足りないでしょう。

ミュージシャンのホームページが参考になる

私は音楽が好きなので、よくミュージシャンのホームページを見るのですが、ミュージシャンが扱うSNSやメディアが多いことに驚きます。

ツイッター、フェイスブック、インスタをはじめ、YouTube、iTunes、アップルミュージック、Spotify、Google Playがあり、さらにSoundCloud、Mixcloud、Snapchat、Myspaceなどがあります。

上記以外に、それぞれの国独自のサービスも加わってきます。

このような状況で、ミュージシャンはホームページをどのように使っているのでしょうか。

一般の企業でも、今後どのように対応したら良いのか、参考になりそうです。

SNSやブログを集めただけのホームページ

例えば、オーストラリアの「The Avalanches」というグループがあります。

「The Avalanches」のホームページ

このグループのホームページはかなりシンプルです。

The Avalanches

画像クリックでホームページへ移動します

ほぼこの1ページだけです。

右上にフェイスブック、ツイッターなどのSNSやiTunes、Spotifyなどのダンロードやストリーミングサービスへのリンクがあるだけです。

なんとも寂しいホームページだと感じてしまうのですが、ビジュアルやテキストよりもYouTubeを見るほうがアーティストのことがわかるので、これで問題ないかもしれません。

「Simian Mobile Disco」のホームページもシンプルです。

simian mobile disco

画像クリックでホームページへ移動します

必要な情報を発信している

上記の2つは極端な例ですが、もう少し丁寧なホームページが多いです。

ホームページに、ファンが必要な情報を集めて掲載しているパターンです。

メンバーそれぞれがツイッターやインスタをしていて、それぞれがライブやテレビ出演の情報を発信しています。

しかし、それでは断片的すぎてわかりづらいことが多いです。

ホームページはそれらをまとめて見せることができます。

「tricot」のホームページはわかりやすくなってます。

tricot

画像クリックでホームページへ移動します

Topics(トピックス)で最近の情報をまとめています。

画像クリックでホームページへ移動します

ツイッターなどでtricotを始めて知った人はプロフィール(profile)でどういうバンドかがわかります。

画像クリックでホームページへ移動します

ファンは知っている情報でも、ツイッターやインスタで存在を知った人はわからないのでホームページが便利です。

ホームページは短期的に変化しない情報やまとめて見たい情報は理解しやすいと思います。

グッズ販売

グッズ販売をする場合、ホームページが有効です。

ライブ会場や音楽メディアでも販売はしていると思いますが、やはり自分のホームページでの販売は欠かせません。

インスタでも販売できるようになるらしいのですが、ファンはすべての商品を俯瞰してみたいと思うのでホームページでの販売はあったほうが良いですね。

下記の2つのグループはグッズ販売をしています。

PHOENIX

phenix

画像クリックでホームページへ移動します

Donora

donora

画像クリックでホームページへ移動します

最低限の要素があれば良い

ミュージシャンのようなホームページにすると比較的簡単に制作することができます。

必要な要素は、簡単な説明文と商品やサービスの写真があればいいと思います。あとは、SNSなどのリンクを設置するだけですね。

SNSや外部サービスを使っている方はミュージシャンのホームページを参考にされると良いのではないでしょうか。

参考になるミュージシャンのホームページ

気になったミュージシャンのホームページを紹介します。

あふりらんぽ

あふりらんぽ

宇多田ヒカル

宇多田ヒカル

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ

MONDO GROSSO

MONDO GROSSO

seiho

seiho

CHAI

CHAI

Nulbarich

Nulbarich

chelmico

chelmico

METAFIVE

METAFIVE

The Chemical Brothers

The Chemical Brothers

下記の2組はトップページに動画を使ったホームページです。

トップページに動画を使うとわかりやすいですね。

きゃりーぱみゅぱみゅ

きゃりーぱみゅぱみゅ

Awesome City Club

Awesome City Club

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インディのホームページ制作

インディ株式会社のホームページ制作について説明しています。

インディのホームページ制作は、前段階の準備に時間をかけます。

実際のページ作成は、フレームワークなどを利用してできるだけ早く簡単にします。


ホームページ制作の詳細

SNSでもご購読できます。