コツコツと書いているだけではダメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回のブログで紹介したティネクト株式会社さんのサイトを見てみましょう。ちなみに、私はこのサイトはよく見ます。

Webサイトは成長する

最初はよく見かける怪しいコンサルだと思っていたのですが、ブログの内容は実体験に基づいたものだし、その考え方も共感できるものでした。

記事の内容は、基本的にはコンサル業務のことが多いですが、Webのアクセス数について書かれた回があります。それが、ものすごく参考になります。

月間PV95のブログが、どのようにして月間PV200万のブログになったか、その変遷について書きます。

この記事には少ないPVのサイトがどのように成長していったかが書かれてある。今の私にうってつけの記事なので何度も読み返してます。今後もいろいろ参考にさせてもらうつもりです。

バズらないとダメ?

また改めて読み返してみると、ひとつ気になるところがありました。

そして、最初の大きな変化があったのが、ブログを始めてから1年3ヶ月後の2014年の5月です。Googleアナリティクスを見ると、突然同時アクセスが250にもなっている。「サイトが壊れたのかな」とおもいました。

昔の記事はそんなに詳しくは見ていないのですが、多くの記事のクオリティは高いです。だから、アクセスがアップした理由として、急に内容が劇的に良くなったわけではないと思うんです。それなのに「ジャパネットたかた」の記事でバズるまではそんなにアクセスが多くなかったということです。

ということは、、、バズるまでは内容をがんばっていてもアクセスは増えないということですかね、、、?アクセス数を大きく増やすためにはヒット記事が必要なのかもしれません。

まぁ、ヒットしても、その後アクセスをキープするためにはそれまでの記事のクオリティが重要だとは思いますが、やはりヒットが必要ということですね。ミュージシャンでいうと、音楽好きの間では人気があるけどなかなか大きく売れないという感じでしょうか。ミュージシャンも大ヒットがあっていろんな人に知られるようになるますもんね。

アクセスアップのためにはおそらくヒット記事は必要なのだと思います。私も12月までにこのブログでヒット記事を作りたい思います!

indee-illust-blog

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。