Google Keepは、ブックマークで使うのが便利

Google Keepをブックマークに使う

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

Google Keepをご存知でしょうか。

Evernoteのようにメモを残したり、リマインダーとして利用できます。

グーグルのサービスなのでInboxやカレンダーと連動できるので本当に便利なサービスです。

今回はGoogle Keepをメモではなく、ブックマークとして利用する使い方をご紹介します。

Google Keepの使い方

Googleのサービスなので使い方の記事はたくさんあります。

ちょっと検索するだけで参考になる記事がたくさんです。

|参考記事| Google純正メモサービス『Google Keep』をさらに活用する4つのコツ

|参考記事| Google Keepという超絶便利アプリをざっくりと解説

これらは、メモとしての使い方ですね。

Google Keepはブックマークツール

しかし、私が一番便利だと思っていることが詳しく書かれていないんです。

私のGoogle Keepの使い道は、実は一つだけ。

それは、ブックマークです。

私は昔からブックマークを管理するのが苦手です。

いろんなツールを試してきましたが、良いのがありませんでした。

Google Keepを知ってからはブックマークが楽しくなってます。

私のGoogle Keepの使い方

まずは、Google Keepの機能拡張をダウンロードしておいてください。ちなみに、ブラウザはGoogle Chromeを使うことを前提としてます。

Google Keep機能拡張ページ↓

|ダウンロードページ|Chrome機能拡張『Google Keep – メモとリスト』

この機能拡張を入れていると、ブックマークしたいページを見ている時にクリックするとそのページがGoogle Keepにブックマークされます。

Google Keepでブックマークする←機能拡張をクリック!

そうすると、下のようにメモとして保存されます。クリックして編集も可能です。

Google Keepでブックマークする

これだけでもかなり便利ですね。

タイトルだけのブックマークではない

ここからが重要です。

なぜ、Google Keepをブックマークするのかがわかります。

私が今までブックマークツールをうまく使い切れなかったのは、普通のブックマークというのは記事のタイトルが並んでいるだけで、どんなことが書いてあったのかがわからないです。

もちろん、印象的な記事というのはタイトル込みで覚えてますが、良い記事というのはあまりタイトルで煽っていなので、普通のタイトルが付いてます。なので、記事の良かった部分とタイトルを合わせて覚えていないことが多いです。

引用してブックマーク

それを解消するのがGoogle Keepでのブックマークです。

先ほどの説明のとおり、見ているページでGoogle Keepの機能拡張をクリックする時に、記事の中で良いな!と思った部分を選択しておきます。

Google Keepでブックマークする

選択した状態で機能拡張をクリック!

すると、Google Keep上ではその選択部分も一緒にメモに残ってます。

Google Keepでブックマークする

さらに、別の文章も一緒に残したいと思ったら、もう一度機能拡張をクリックします。すると、先ほどの文章の下に選択部分が保存されます。

Google Keepでブックマークする

便利です!

あとで、Google Keepでブックマークを見たら、自分が気になった文章と一緒にブックマークを閲覧できます。

これで、ブックマークのタイトルと内容が一致してなくても問題なくなります。

本当に便利です。

|関連記事|Google Art Projectって知ってますか?

注意点

しかし、サイトのURLが自動生成のものだとうまくブックマークできないようです。

ツイッター経由で見たページやBufferのURLだったりすると長いURLになってますが、そうするとブックマークができないようです。

私はURLを見て長いURLになっていたら、後ろの部分を削除しています。

|参考記事|Google Keep:公式サービス紹介ページ

便利ツール紹介記事

|参考記事|ストレス削減のためbufferでFacebookとTwitterに予約投稿する

|参考記事|Font Awesomeを導入してリンクをわかりやすくする

|参考記事|Google Keepは、ブックマークで使うのが便利

|参考記事|IFTTTで別のメディアに自動投稿する

|参考記事|Google Art Projectって知ってますか?

|関連記事|ブックマークをわかりやすく(はてブ、Tumblr、iftttなどを利用)

関連記事一覧

  1. buffer画面
  2. ピックアップ

最近の記事

  1. アクセス数レポート
PAGE TOP