ブログのCTR(クリック率)が低い5記事を改善する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
CTR(クリック率)

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

前回の記事に書いたとおり、インディブログの中でCTR(クリック率)が低い記事を改善します。

なぜなら、インディブログは全体的にCTR(クリック率)が低いからです。

CTR(クリック率)とは

まず、CTR(クリック率)とは何でしょうか。

SEO HACKSの説明文を引用します。

CTRとは、Click Through Rateの略で、日本語ではクリック率やクリックスルー率と呼ばれます。インターネット広告や自然検索で使われる指標です。
CTRは、表示された数(インプレッション数)のうちクリックされた回数(クリック数)の割合を示し、下記の式で計算します。

CTR(クリック率) [%]= クリック数 ÷ 表示回数 (×100)

つまり、表示回数1000に対してクリック数10の場合CTRは1%、表示回数10000に対してクリック数50の場合CTRは0.5%となります。

よって、CTRを知ることで検索結果を見た人がどのぐらいの割合でWebページに訪れたかが分かります。インターネット広告では、CTRが高いほど効率の良い広告ということになります。

参照元:SEO HACKS「クリック率(CTR)とは」

「表示された数」は、インディブログではGoogleのSearch Consoleの数字を使います。

CTR(クリック率)が改善すると、、、

CTR(クリック率)が改善すると、どうなるのか?

簡単に言うと、アクセス数が増えます。

ただアクセス数が増えるだけではなく、もっと大切な意味があると思っています。

  1. ユーザーが求めていることがわかる
  2. アクセス分析が深まる

1.ユーザーが求めていることがわかる

アクセス数の多い記事は、ユーザーが求めていることです。

ユーザーが課題を持っていて、それを解決したいから検索します。

例えば、現在インディブログでは、インスタグラム関連の記事のアクセスが多くなっています。

それは、インスタグラムの人気が出てきて、新しく利用する人が増えているからです。

インスタグラムが人気であることは理解していました。

しかし、インスタグラムを利用する中で、何を求めていて何に困っているのはわかりません。

ブログに書くことで、検索キーワードからユーザーが何を求めているかがわかります。

2.アクセス分析が深まる

ホームページのアクセス分析は、Google Analyticsを使えば様々なことがわかります。

しかし、様々なことをわかろうとするなら、ある程度のアクセス数が必要です。

「閲覧時間」「閲覧開始数」などブログ改善のために必要なデータですが、アクセスしてもらわないと分析ができません。

データ分析が必要なアクセス数は集めたいです。

5記事を選択

下記の5記事を選びました。

特に、クリック率が低い5記事です。

  1. クリック率:0.23%→「Font Awesomeを導入
  2. クリック率:0.74%→「検索後クリックされない問題
  3. クリック率:1.09%→「ホームページの仕組み説明と「いらすとや」
  4. クリック率:1.1%→「Search Consoleで検索エンジン経由のアクセスを知ろう
  5. クリック率:1.39%→「複数のTwitterアカウントの管理方法・ツール

こうやって並べてみると、クリック率の低さだけではなく、タイトルが悪さも際立ちます。。。

この5記事のタイトルを修正してみたいと思います。

修正後のタイトル

本日(2017年8月12日)に変更しました。

  1. Font Awesomeを導入」→「Font Awesomeを導入してリンクをわかりやすくする」
  2. 検索後クリックされない問題」→「検索後クリックされない時、何をすれば良いか」
  3. ホームページの仕組み説明と「いらすとや」→「ホームページの仕組みの理解はインターネットをお忘れなく」
  4. Search Consoleで検索エンジン経由のアクセスを知ろう」→「Google Search Consoleで検索について理解しよう」
  5. 複数のTwitterアカウントの管理方法・ツール」→「複数のTwitterアカウント管理はTweetDeckを使おう」

何をするのかがわからないので、どんなことに言及しているのかがわかるようにしました。

メタディスクリプションは、タイトル変更の成果を見て変更しようと思っています。

4と5に関しては、記事自体のクオリティが低い気がするので、あまり効果がないように思っています。

しかし、信じてやってみます!

トップ、リニューアル中!

インディ株式会社のトップページは、現在、リニューアル中です!


インディ株式会社のトップページへ

SNSでもご購読できます。