ブログの書き方

先日ブログを書くことを人にすすめたら、下記のようなことを言われました。

ランチとか旅行の写真をアップしたりするの自意識過剰みたいで好きじゃないんですよね

日記はミクシィには書いていたんですけど、仕事が忙しいからもう必要ないかも

驚いてしまいました。

ブログに対する認識が違う

なぜ驚いたのか?

それは、ブログは「マーケティング」のツールだと思っているからです。

ブログを活用することで、見込客の獲得やイベントの集客につながります。

ブログは顧客(見込み客)の課題を解決して、将来的にお客様になっていただく。

そんなふうに考えていたから驚いてしまいました。

ミクシィを使っていた世代は、日記のイメージが強いかもしれませんね。少し古いように感じます。

 

ブログを書くためのフレームワーク

仕事やビジネスのためにブログを書くとなると、急に書き方がわからなくなる人が多いのではないでしょうか。

インディブログではブログの書き方を研究しています。

読み手に届く書き方、継続しやすい書き方、ストレスのない書き方などなど。

インディブログで研究し、わかったことをブログで紹介していきます。

  1. 読者の課題を知る
  2. 素材を集める
  3. キーワードを決める
  4. 検索意図を探る
  5. 「OPQ分析」 or 「IKPOLET(イクポレット)法」に沿って書く

参考図書

  • 超スピード文章術|上阪徹
  • 入門 考える技術・書く技術|山﨑康司
  • 頭のいい説明は型で決まる|犬塚壮志
  • 考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則|バーバラ・ミント

関連記事

|関連記事|なぜブログを書くのか

|関連記事|ブログのアクセスアップのために嘘をつかない

|関連記事|ブログはライブに

|関連記事|ブログはライブに vol.2

|関連記事|ブログの文字数は多ければよいのか

|関連記事|アプリ「Clear」でブログの構成を試行錯誤する

|関連記事|ブログを書く時、考えをまとめる前から文字にする

|関連記事|無料ブログ選び

|関連記事|無料ブログ選び2

|関連記事|ブログの記事は普通でいい

|関連記事|事業もブログも長く続けるには最初が肝心

PAGE TOP