会社の公式ブログはどんな内容が良いか

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

会社のブログを書いている場合、アクセス数を増やしたり、見込客の獲得を目的としていると思います。

会社のブログはどんな内容が良いでしょうか。

会社のブログの内容

会社のブログは、顧客、見込客、読み手の課題を解決するものが良いと思います。

もちろん、自分の会社が解決できるテーマでです。

専門分野で課題解決

例えば、お花屋さんのブログであれば、自社の商品・サービスの紹介だけでなく、リビングにかざる春の花を提案したり、花の育て方をレクチャーするようなものが良いでしょう。

この場合の課題は、「大切なお客さんが自宅にくるからお花を飾りたい」「いつも花を枯らしてしまう」です。

顧客(見込客)の課題を解決することで、すぐに注文がくるわけではないと思いますが、頼りになる会社・お店という認識になると思います。

書き方として、OPQ分析で書くと良いと思います。

ブログは疲れる

しかし、課題解決するようなブログや商品・サービスを紹介するブログを書くのは大変です。

ブログは頻繁に書くものなので、継続は思っているよりもしんどいです。

書くネタに困ったり、何が良いブログなのかわからなくなってしまうことがあります。

私の場合は、文章構成を考えたり、内容をまとめる作業に時間がかかります。

会社のブログだから?

クタクタになる理由として、これが会社のブログだからかもしれません。

個人ブログの場合は、自分が思ったことや好きなことを書いていれば良いのですが、会社のブログとなるとそうはいきません。

会社のブログは考えたことや好きなことを日記のようには書かないです。

そのような目的がある時は、気力・知力・体力を使います。営業マンの日々の活動に似ているかもしれません。

一生懸命も悪くないが

私もブログを書いている時は、営業のような気持ちで書いている部分があるので本当に疲れます。

疲れすぎるとブログを継続できません。

そこで、軽い内容のテーマも考えていると良いと思います。

弊社の場合は、「ご近所情報」というテーマをたまに書いています。

私の行動範囲のことをゆるく書いています。

|関連記事| ご近所情報(台東区編)

本当は「上野のおすすめランチ」や「秋葉原B級グルメ」のようなブログを書けると良いのですが、私はグルメではないので絶対に書けないとわかっていました。自分の活動範囲で何か気づいたことや面白いと思ったことを書いてみました。

すると、少ないですがアクセス数があるのです。今はゴールデンウィークということもあると思いますが、一番アクセスがあります。クタクタになりながら書いたブログよりもアクセス数が多いです(笑)。

気軽に書いた方がよいのかも

よく考えてみると、気軽に書いたブログの方が読みやすいかもしれませんね。

困ったことがあって検索してブログの記事で解決したら、そのブログを書いた人に興味を持ちます。他のブログも読んでみます。

その時、専門的な内容のブログばかりだと、ちょっとしんどいです。

そんな時に、軽い内容のブログがあると読みやすいですし、その人となりがわかりやすいです。

ブログや会社のファンになってもらえるのは、もしかすると気軽に書かれたブログ記事かもしれませんね。

関連記事一覧

  1. 無料ブログ選び
  2. 無料ブログ選び
  3. 無料ブログ選び
  4. character
  5. PDCA

最近の記事

  1. アクセス数レポート
PAGE TOP