ホームページ制作について

パソコン

インディ株式会社の「ホームページ制作」についての説明ページです。

ホームページ制作でもっとも重要なのは、理解しやすい内容や流れを作ることです。

ページ書かれている内容が理解できなければ、すぐに読むのをやめてしまいます。

そうならないための設計が必要です。

また、ホームページを作成する際に忘れがちなのが、会社の理念やプロジェクトの方向性です。

素晴らしいデザインのホームページを作っても、理念や方向性がズレていると利益や売上にはつながりません。

見た目の良さに満足しているだけでは、利益や売上にならないことを意識しておかなければいけません。

制作の流れ

制作の大きな流れは下記となります。

インディでは、ホームページを作り始める前段階に力を入れています。

  1. 現状整理、問題発見(ヒアリング)
  2. 目的設定
  3. ストーリー作成
  4. サイトマップ作成
  5. ワイヤーフレーム作成
  6. デザイン作成
  7. コーディング or ワードプレス実装(WordPress)
  8. 動作検証
  9. 公開

*2〜6は、提案書・企画書という形で提出します

現状整理(問題発見)

新しくホームページを作る場合は、どんなことをしたいと思っているか、既存ホームページのリニューアルをしたい場合は、問題点などをヒアリングさせていただきます。

会社全体の理念やビジョン、プロジェクトの方向性などをふまえて整理していきます。

目的設定

ホームページで何を達成するのか?を決めます。

見込み客からの問い合わせをどのくらい増やしたいか、既存顧客に継続してもらうためにはどんな情報をどのくらい発信すれば良いか、など目的、方向性を設定します。

コンセプト作成

様々なフレームワークを利用しながらコンセプトを作ります。

ストーリー作成

理解しやすい流れを作ります。

ホームページで伝えたいことをゴールとして、ゴールまでのプロセスを理解しやすいようにまとめます。

サイトマップ作成

ストーリーに沿って、閲覧者が理解しやすいページ構成を作ります。

そのために、サイトマップを作成し全体のストーリーを構成します。

ワイヤーフレーム作成

全体のストーリーをサイトマップで表現した後は、ページ内の構成を作ります。

ページ内で理解しやすい流れを構成します。

デザイン作成

企業イメージや商品・サービスのイメージをベースにデザインします。

デザインも閲覧者の理解がしやすいものを選択します。

コーディング or ワードプレス実装(WordPress)

コンセプト、ストーリー、デザインに沿って、実際にページを作成していきます。

動作検証

公開する前に問題がないかの検証をします。

公開

公開後は、アクセスデータを取得して分析を行います。