ブログの文字数は多ければよいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
無料ブログ選び

ブログのアクセスユーザー数は1日10〜20人で、曇りの日のツバメのように地面ギリギリを飛んでます。早く鷹のように遙か上空から下を見たいものです。

今回はブログの文字数について書いてみようと思います。たくさんの方に読んでもらえるブログの文字数はどのくらいがベストか。

なぜ、ブログの文字数が気になったのかというと、前回のブログの文字数が多いなぁと自分で気になったからです。

以前にSEOのことを調べていた時に見たのは5000文字以上ないと検索上位にならないというのを見たことがありました。長ければ長いほど良いように思っていたので、2000文字でも大丈夫だろうと思っていました。

しかし、何度読んでも長い!5000文字だと2倍以上もあります。

私の文章が下手なのも原因の1つだとは思いますが、本当に5000文字も読んでくれるのだろうか気になりました。

内容が重要

調べてみてわかったのは、さすがに「5000文字は必要」と書いているブログはなかったです。

そして、ほとんどのブログで「文字数は関係ない」とありました。

内容が重要とのこと。普通に考えたら当然ですね。欲にくらんだら目の前の技術に溺れてしまいますね。

ある記事には、5000文字のブログを書くメリットとして「文中にキーワードがたくさん入るから良い」とありましたが、それは納得です。しかし、5000文字はやはり長いですね。

1000文字以上

ブログの文字数について書いてある記事をいくつか読んでみました。

本当に様々な意見があって、「◯◯文字がベスト!」とは言えないです。ざっくりな印象では、1000文字以上5000文字以下のようです。

1000文字の方も5000文字の方もしっかりと結果を残されているようなので正しいのだと思います。やはり内容が重要なんだと思いますが、1000文字以上はあったほうが感じです。

構成を考える

文章の構成が重要のようです。文章の構造化というのでしょうか。

私はこの文章の構成を気にしていきたいなと思っています。私は文章の構成を組み立てるのがものすごく苦手です。

文章の構成がうまくできれば、読む方のストレスがなくなりSEO的にもプラスになります。そして、構成がうまくなれば私がブログを書く負担が減るのです。。

今、梅棹忠夫『知的生産の技術』に出てくる「こざね法」で構成の練習をしています。「こざね法」についてはまた別の機会に紹介させていただきます。

短いのが良い

ブログを長くすることの話が多いのですが、昨日たまたま読んだ本には500〜1000文字がよいとありました。その方も、実際に結果を出されている方なので問題ないのでしょう。スマホで読んだ時のことを考慮に入れているようでした。

丁寧に

とにかく良い情報を選択して読者のことを考えて丁寧に書くことですね。

「読者のことを考えて丁寧に書く」のは本当に知力・体力が必要になるので、たくさん書いてトレーニングするしかないですね。

丁寧に書きましょう!(←自分に言ってます汗)

*ちなみに、このブログは1200文字くらいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

会社概要

会社概要は下記のボタンからどうぞ!

 


会社概要はこちら

SNSでもご購読できます。