ブログはライブに vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インディ株式会社の浜島です。前回の続いてブログをライブに更新すると効果が出る!という記事です。前回のブログは毎日の業務からブログのネタを拾ってくるというものでした。毎日の業務から拾ってくることで、ブログにライブ感が出ます。会社サイトにアクセスしに来た人はブログを見るので、活発な印象を持ってもらえます。

もう一つ、ブログにライブ感を出す方法として、アクセス分析を参考(分析)する方法があります。それは、「アクセス解析ツールを見ながら書く」です。

インディサイトのアクセス数はGoogle Analyticsを使ってます。一般的なツールですね。Google Analyticsの中に、インディサイトを何で検索してきたのかがわかる項目があるのですが、その項目をネタにブログを書くのです。検索されてサイトを訪れたということは興味のある人はいるということです。おそらくその人たちは、検索ワードを元に記事を読んでくれたのでしょう(もちろんすぐに離脱している可能性も大です、、、)。

下の画像はインディサイトのGoogle Analyticsのキャプチャなのですが、「サイトリニューアル」で検索されているのがわかります。もちろん「サイトリニューアル」で記事を書いたのですが、まさか「サイトリニューアル」で検索されてると思っても見ませんでした。

検索ワードで、ブログを書くのは「コール・アンド・レスポンス」じゃないでしょうか。

スクリーンショット 2014-05-03 1.18.58

しかし、これは問題があります。検索されたワードについてブログを書き続けたら、広がりがなくなります。もしもずっと「サイトリニューアル」で記事を書いていたら、他のワードで検索されるチャンスがなくなってしまいます。常に新しいワードを含む新しい内容の記事を書きつつ、たまに検索ワードで記事を書くと良いと思います。

あと、ちなみにですが、、、、このブログを読んでいる方で鋭い人はわかると思いますが、わたくし、Google Analyticsをほとんど理解してません!わかってる風に振る舞ってすみません!今後、研究しながら、研究結果はまた記事にしようと思ってます。下記のリンクで説明があるので、ぜひそちらも参考にしてください。

https://support.google.com/analytics/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。