ブログを書く時、考えをまとめる前から文字にする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
character

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

4月末からブログを真面目に書くことをやってきましたが、8月くらいから全然書けなくなってしまいました。

ブログは真面目に書くと本当にしんどいです。

心の中の悪魔が「ブログなんて書いても書かなくても同じだよ、やめちまぇ!」とささやいてきます。

私はその悪魔のささやきに勝つことはなく、すぐにさぼってしまいます。

定期的に書くのを止めて気が向いた時だけ書こうかと心が揺れます。

しかし、アクセス数が少ないながらも身近な人が読んでくれていたり、今は頻繁に会わない昔からの知り合いが読んでくれていたりします。

「ブログ読んだよ」と言われるたびに、「あ〜、もっと読み応えのあるブログを書いておけばよかった、、、」と後悔ばかりしています。

頭の中にネタはあるが文章にできない

ブログは書けていないのですが、頭の中にはたくさんネタがあります。

頭の中にあるネタを文章にする段階で手が止まってしまっています。

頭の中で考えていることを文章にしようとすると、時間がかかってしまい、それに伴ってストレスもかかります。

仕事に影響するレベルになってしまうこともあり、ブログを書き切る前にあきらめてしまいます。

ブログを書かないことが続くと、定期的に書くモチベーションも低くなっていきます。

どうすれば定期的にブログを書けるのか?

定期的にブログを書くのはどうすればよいのでしょうか?
これはずっと悩んでいる問題です。

最初にこの壁に当たった時は、フレームワークで書くことで乗り切りました。

OPQ分析などの文章のフレームワークです。

OPQ分析を入れたことで文章が書きやすくなっただけではなく、わかりやすくなりました。

OPQ分析とは
バーバラ・ミント『新版 考える技術・書く技術』のSCQ分析の簡易版です。

この説明では、よくわからないですよね、、、すみません。ざっくり言うと、ビジネスシーンで必要な問題解決手法です。

しかし、OPQ分析に慣れてきたら、次は文章の質に気が行くようになりました。

OPQ分析をすることで私自身の中の文章に対する要求レベルが上がったのか、ブログの理解しやすさやストーリー展開が悪いことが気になり始めました。

要求レベルが上がることは良いことなのですが、そのためにブログを発信できなくなったのでどうしたものか悩んでいます。

すばらしい内容であっても、頭の中にあるだけでブログになっていなければ誰にも届きません。

考えがまとまる前から文字にする

8月ごろからブログを書けてなかったのですが、ここ一週間は改めてブログと向き合っています。

ブログを書くことで広報や営業になることもブログを書く理由です。

さらに、ブログは企画、提案や整理の能力が付くのではないかと考えています。

今の問題は、「頭の中で考えていることを文章にする」ことです。

頭の中にある非言語な概念を文字に表現できません。

この問題をどう解決するのか?

なんとなくですが、日々のトレーニングで解決しそうだなと考えました。

ブログを書き続けたら慣れてきそうだな、と思いましたが、それが一番ツライのでした(汗)。

最終的な解決法は、考える時は常に文字にしながらまとめることにしました。

今までは考えたものをブログにする際に整理していたのですが、何か思考する時は常に文字にしていきます。

考えを文字にすることを習慣にしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

代表取締役プロフィール

代表取締役:浜島裕作

大阪府枚方市出身。

専門学校でエディトリアルデザインを学び、DTPのデザイナーとして社会人スタート。
その後、ウェブのデザイン、ディレクションから店舗運営や営業も経験。

詳細は下のボタンから↓


代表取締役プロフィール

SNSでもご購読できます。