なぜブログでアクセスアップなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ブログアクセスアップ

こんにちは、インディの浜島です。

4月末からインディもブログでアクセスアップをしようとがんばっています。1ヶ月ほど経ちましたが、まだほとんど成果は出ていないのは、本当に悲しいことですが(汗)。

ブログを定期的に書くのは大変です。

現在は1日1記事を書いているのですが、思っている以上に大変でした。

まだ1ヶ月ですが、何度も心が折れかかりました。成果も出てないので(笑)。

ホームページの役割

そもそも、なぜブログでアクセスアップをしようと思ったのか。

それは集客のためです。

ブログを中心に自社のホームページに集客したいと思っています。

インディのブログを利用して試行錯誤して集客できるやり方を見つけて、インディのお客様に提供できればと思っています。

なぜ集客が必要なのか

ホームページへ訪問してくれた人は、検索したり、SNSで共有されていたりしたものをたどってきています。

検索した人やSNSの共有をクリックして人は、なんとなく見に来たという人もいるでしょうが、何か欲しいものがあったり、知りたいことがあったり、問題や課題がある時だと思います。

訪問者は何かを必要していたり、解決したいと思っています。

ホームページへの集客は、そのまま見込み客に近い人たちなのです。

その見込み客が問い合わせなどのアクションを取ってくれるようにすれば、営業の機会が増えます。

営業マンは新規アポイントメントよりもクロージングに時間を使えるようになります。

ブログは必要なのか

ここまで読むとホームページにブログは必要ないんじゃないかと思われるでしょう。

確かにブログは必要ないのかもしれません。

しかし、ブログでしかできないことがあります。

1.コミュニケーションがとれる
2.試行錯誤できる
3.何を望んでいるのか探れる

これらが集客につながるのです。

コミュニケーションがとれる

ブログは閲覧者(以下、ユーザー)とコミュニケーションがとれます。

これはコメント欄やSNS上で直接コミュニケーションがとれることはもちろんですが、ホームページはデータを取ることができます。

検索時にどんなキーワードを使って検索したかを知ることでユーザーがどんな情報がほしくて、どんな課題や問題を持っているかがわかります。

それに対してブログで答えていくのです。

例えば、インディであれば「ホームページ 仕組み」などのキーワードがあります。たくさんあるわけはないのですが、答えとなるブログを書きます。

そうすると、「ホームページ 仕組み」でさらに検索が増えたりします。このキーワードには潜在的な疑問があることがわかります。

そのようなコミュニケーションです。

試行錯誤できる

先ほど書いたとおり、ユーザーが望んでいるのかわからないことをブログを書くことで試行錯誤することができます。

仮説をたくさん作って、複数のテーマでブログを書きます。

そうすることで、潜在的なニーズを拾うことができたりします。

もちろん、まったく反応がないことは多いです。はい、悲しいです。

何を望んでいるのか探れる

これも上の2つで書いたとおり、ブログを書くことでユーザーが何を望んでいるのかを知ることができます。

何を望んでいるのかは、ユーザー自身はわかっていないかもしれません。わかっていないことが多いかもしれません。

それを予測し、仮説を立て、さらにブログに書いて探っていきます。

集客につながる

地道ですが、これらの試行錯誤をして、ユーザーのことを理解していくことが集客につながります。

ユーザーを理解することで、ブログの内容だけではなく、ホームページの文章や画像の作り方などを更新していきます。

ユーザー理解ができた上で作った、文章や画像は満足度を上げるものになっているはずです。さらに、リアルな営業にも活用できると思います。

このようにブログを書くことで、ホームページへの集客やリアルな営業にもフィードバックすることができます。

ブログを定期的に書くのは本当にたいへんなことだと思いますが、今後は必ず必要になるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

会社概要

インディ株式会社の会社概要は下記のボタンをクリックしてください。

 


会社概要はこちら

SNSでもご購読できます。