ブログに疲れたらデータを見よう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
パソコンブログ

こんにちは、浜島です。

何度もこのブログに書いていますが、現在インディでは、ブログでアクセスアップに挑戦しています。

できる限り、毎日ブログを書くようにしています。

一ヶ月半ほど続けているのですが、毎日ブログを書くのはたいへんです。

私も思っている以上にブログを書くのは大変な作業になっていて、毎日ヘトヘトになりながら書いています。

企業でブログを使ったアクセスアップを行おうとしても、継続が難しいかもしれません。

継続が難しい一番の原因は、時間が取れないことが理由になるでしょう。

実際は、ブログは成果がすぐに出ないので辛くなって止めてしまうことが多いように思います。

そんな時の対処法の1つをご紹介します。

成果がでない

企業でブログを使ったアクセスアップをしているとすると、ただ書いただけで終わっていないと思います。

ブログを書いた後は、Google Analyticsなどでアクセスデータを見ているはずです。

Google Analyticsを使っているのであれば、最初に出てくるのは最近1週間の「セッション」数の折れ線グラフと「セッション」「ユーザー」「ページビュー数」「ページ/セッション」「平均セッション時間」「直帰率」「新規セッション率」の7つの数字が出てきます。

これらの数字はもちろん大切です。

しかし、毎日アクセス数を見ているとほぼ変化がありません。

少しずつ伸びていると良いですが、グッと数字が減る日があったり、まったく伸びない長い期間もあります。

伸びていてもその変化は小さすぎるので次のブログを書く動機になりませんし、上がったり下がったりしているのを見て一喜一憂していると、ついにはどうでもよくなってきたりします。

成果が出ないのはつらいです。

データは日々変化している

しかし、実際はデータは日々変化しています。

1日にアクセス人数が10アクセスでもあれば、データは充分たまっています。

Google Analyticsの1ページ目の数字に変化がなくても、変化を楽しめる別のデータがあります。

例えば、下記の3つです。

  1. ランディングページ(集客>Search Console項目)
  2. 参照元ソーシャルネットワーク(集客>ソーシャル項目)
  3. ランディングページ(行動>サイトコンテンツ項目)

私はこの3つを見ると、自分の考えが狭くなっていることに気づくことができ、ブログに対するやる気が復活します。

ランディングページ(GA:集客>Search Console項目)

この項目を見ると、検索クリックからどのページへ着たのかがわかります。

ブログを書いていると時間をかけて書いた記事や、自分のお気に入りの記事が人気があると思ってしまいます。

しかし、もちろん自分の思った通りにお気に入りの記事が人気なわけではありません。

あまり好きではない記事やどちらかというと手抜きをしてテキトウに書いた記事が人気だったりします。

まだ記事であれば良い方です。

カテゴリーやタグが上位に入っていることがあります。そして、自分の考え方が狭かったなと思います。

参照元ソーシャルネットワーク(GA:集客>ソーシャル項目)

この項目は、どのソーシャルメディアから集客されたのかがわかります。

インディのブログは、Facebook、Twitter、Google+、Linkedinに最低1回は発信します。

Google+はフォロワーが少なく、Linkedinは最近始めたところなのでフォロワーがゼロです。

それは予想ができるのですが、Twitterの反応が悪いことがわかります。

ソーシャルメディア経由のアクセスはほぼFacebookです。

Facebookは知り合いが多いのでタイトルや内容は関係なくアクセスしてくれていると思います。

Twitterは知り合いではありません。そのTwitterからのアクセスが少ないということはブログのタイトルやシェア時のコメントが悪いのでしょう。

ランディングページ(GA:行動>サイトコンテンツ項目)

ここではページにきた後の「直帰率」「ページ/セッション」「平均セッション時間」を見れます。

この3つの項目でブログを見に来てくれた人の満足度を確認できます。

インディブログでは、ランディングページのトップ10の数字は悪くないのですが、コンバーションに至っていたページはほとんどありません。

満足度が高いように見えますが、インディに対してアクションを起こそうとは思ってもらえていません。

改善が必要です。

このようにほんの少し視点を変えてデータを見るだけで、ブログに対する変化を見ることができます。

私は自分の視野が狭かったことがわかり、もっと深く広く知りたいと思います。

そしてブログを書く動機が高まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。