アクセス数の目安について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アクセスアップaccessup

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

ウェブサイトのアクセス数はどのくらいあったら良いのかは、あまり記事がないように思います。

もちろん、アフィリエイトをやっている人やメディアをやっている人向けの記事はたくさんある。最低でも月10万以上のページビューがないとアフィリエイトでは儲からないとか、メディアだと100万ページビュー以上だよね、とかはよく見ます。

ウェブサイトをアクティブにするための最低ラインは?

この記事では、起業したての会社や、地域に根ざした店舗や、ある目的のために集まったプロジェクトでの話です。あと、個人とかインディのような小さな組織です(小さな組織・団体を書く時に表現に困りますよね)。

ウェブサイトに対して、問い合わせを増やしたい、ウェブサイトを営業マンのようにしたい、ECで売上を作りたいなどのアクティブな目的がある場合のアクセス数の最低ラインは「1日100ユーザー」だと思ってます。これは「1ヶ月に3000ユーザー」とは違います。1日あたりのユーザーが100です。

実際は200ユーザーは必要

この数字はあくまでも私の感覚です。今まである程度の数のウェブサイトのアクセス数を見てきた感覚です。しかし、この数字は最低の最低ラインです。実際は、1日200ユーザーが必要です。これも1ヶ月に6000ユーザーではなく、1日あたり200ユーザーが訪問しないといけません。

この数字を達成すると、商品に対する問い合わせ、提案してほしい、イベントへの参加が定期的に出てきます。逆に言うと、この数字に達してないとほぼ反応はありません。

この数字に達するまでは、ブログを頻繁に更新し、商品ページを充実させ、ページ速度を上げ、、、などコツコツとがんばる必要があります。もちろん、広告を利用してアクセスを作りますが、コツコツしなければいけない作業は必ず存在します。

けど、コツコツがんばってたら必ず成果が出るので頑張り甲斐はありますよ!

代表取締役プロフィール

代表取締役:浜島裕作

大阪府枚方市出身。

専門学校でエディトリアルデザインを学び、DTPのデザイナーとして社会人スタート。
その後、ウェブのデザイン、ディレクションから店舗運営や営業も経験。

2010年6月よりインディ株式会社に取締役として参画。
2012年にNPO法人ハナラボを法人化し理事に。
2017年より企業間フューチャーセンター 理事に。

詳細は下のボタンから↓


代表取締役プロフィール

SNSでもご購読できます。