ランディングページとは何か?(LP)

こんにちは、インディ株式会社の浜島です。

ランディングページを知っていますか?

企業のWebサイト・ブログの担当者の方なら一度は聞いたことがあると思います。

けど、どう作って、どういう効果があるのかを明確にわからない人も多いでしょう。

実は私はわかっているつもりですが、自信がないので調べてみました。

ランディングページを調べてみた

ランディングページについて調べてみました。

たくさんの記事が出てきます。

Web系メディアでは必ず言っていいほど「ランディングページ」のことを扱っています。

私が調べた記事を紹介していきたいと思います。

ランディングページとは何か?

LISKULにはこう説明があります。

ランディングページとは、「様々なネット広告やリンクをクリックした際に表示されるする、サイトを含むWEBページ全般」を指す言葉で、LP、ランペ、などとも呼ばれています。

LISKUL「ランディングページとは│10分で理解できるLPの基本

ランペ!

ランペは初めて聞きました。

一般的にはもう少し広い意味があるようです。

しかし、一般的に「ランディングページ」や「LP」が指すものは、一つの商品やサービスを売るための、一枚の長いWEBページです。

LISKUL「ランディングページとは│10分で理解できるLPの基本

私もこの意味で理解してました。

Webサイト制作サービスの「ペライチ」がイメージに近いですね。

別の記事にはこうあります。

広義のランディングページとは、前述のとおり、ホームページのなかで訪問者が最初にアクセスして「着地」したページのことです。

おりこうブログDS「ランディングページ(LP)とは何か?初心者にもわかりやすく解説!

この説明はわかりやすいですね。

なぜ必要なのか?

なぜランディングページが必要なのか?

その答えはLISKULにあります。

ランディングページはズバリ「ネットで売り上げを上げるための最重要要素」であり、ランディングページを改善しただけで、ネット上での顧客獲得数が6倍になったという事例もあります。

LISKUL「ランディングページとは│10分で理解できるLPの基本

ランディングページは売上をアップさせるためのものということです。

LPの作り方

次にランディングページの作り方です。

技術的な作り方ではなく、ページの構成の作り方です。

ページ構成が重要なようです。

ウェブ部「要注意!ランディングページ(LP)の“もったいない”をなくす構成要素のポイント 」には、下記の3つが重要とあります。

(1)『ファーストビュー』:求めている情報がありますよ!という訴求エリア(要素:キャッチコピー・画像・コンバージョンボタンなど)

(2)『ボディ』:なぜあなたに役立つのか?を説明するエリア(要素:メリット、製品・商品の具体的な情報、メディア掲載、利用者の声など)

(3)『クロージング』:このタイミングが重要!と促進するエリア(要素:期間限定、プレゼント、サンプル提供、送料無料など)

構成についてはいろいろあるようです。

構成について説明したページをferret「ランディングページ(LP)構成のノウハウが詰まったエントリー10選 」でまとめてくれているので、ぜひ自分にあうページを見つけてください。

ランディングページいろいろ

最後に良いランディングページを集めているページを紹介します。

自社でランディングページを作る時に、参考にできるものが探せます。

キレイなサイトが多いので、見ているだけでも楽しめます。

LP ARCHIVE

ランディングページ集めました

WebDesignClip

LPデザインの参考になるランディングページまとめサイト10選(日本・海外)

以上です。

|関連記事|CSSのフレームワークを使って自社でホームページをつくるには

関連記事一覧

  1. マーケティング
  2. 情報発信収集
  3. ハート
  4. 複数のTwitterアカウントの管理方法・ツール
  5. インスタinstagram
  6. 人の距離

最近の記事

  1. アクセス数レポート
PAGE TOP