無料から始めるウェブサイト制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アクセス分析しなが更新

2015年のスタートと同時にサイトを立ち上げた「Bag Number」をリニューアルしました。[bagnumber.tokyo]とドメインも新たにして再スタートしました!

スタートした時のサイトの形態はWordpressの無料版を使って運営してました。そのWordpress無料版で作ったサイトはこちらです。なぜ、最初は無料版で作ったのかというと、どんなWebサイトになるのか予想ができなかったからです(!)

私はインディ株式会社はWebサイトの制作などを行うところなので、もちろんバッグ業界に詳しくありません。しかし、バッグ業界で活躍する2人と面白いことができそうだったのでWebサイトを始めることになりました。

なぜ無料版Wordpressでスタートしたのか?

なぜスタート時は無料版だったのか?それは私が無料版から始めたかったからです(笑)

無料版で始めたかったのは、どんなサービスでもまずはサービスに対する反応を見るべきだと思っているからです。いきなりお金をかけたWebサイトを立ち上げてしまいがちですが、今は無料でできることがたくさんあるので、それらの無料サービスを使うべきだと考えてます。

無料版でざっくりとサイトを作ってしまい、そのサイトやブログを更新する。更新するときはあまり細かいことにこだわらずにどんどん更新していく。そうすることでサービスのテーマ、発信するべきこと、ユーザーの反応、アクセス数などがわかります。

特にWebサイトのアクセス履歴を見ればユーザーの反応を知ることができるので、ユーザーがどのような記事をたくさん読んでいるか、ユーザーはどのワードに反応するのかがわかります。そうすると、ターゲット設定や営業トークにも反映できるのサービスを改善できます。

なにがよかったか?

無料版でスタートして何が良かったか?まず良かったことは、ニーズがあることがわかったことです。インディ株式会社はWebサイト制作会社なので、バッグ業界のニーズがわからないため、どのようなWebサイトにすれば良いかわかりませんでした。

1〜3月の3ヶ月間のサイト運営を通して、どのような記事が読まれるのか?どういうワードで検索しているのか?など様々わかりました。そして、ユーザーから直接いただいた反応などを合わせて考えた結果、ニーズはあるし、求められていることがわかりました。

また、最初は気にしてなかったことですが、一緒に運営している2人がすごいということがわかりました。私がバッグ業界を知らないので、正直どのくらいのニュースがあり、どのくらいの頻度で更新が可能なのかがわかってませんでした。

しかし、想像以上の更新回数と質でした。記事の量・質ともに素晴らしいことがわかりました。特に、記事の量は想像以上に多かったので、記事の多さをデザインに落とし込むと情報サイトとしてユーザーの興味を引くのではないかと思えるようになりました。

まだまだこれから

まだ、ロゴや写真が足りてないなど、完成まではまだまだですができるだけ多くのアクセスをゲットできるようにサイトを運営していきたいと思ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す